パートナーとの創作で今まで以上にお客様から頼られる存在に。創業200年に向け、持続的成長ができる企業を目指します。 代表取締役社長 安井 卓

当社は、国内外の産業界に機器や部品などを販売する“メーカー商社”として、国内35か所、海外10か所に拠点を展開しています。1907年の創業時には足袋の卸売りを担い、官営八幡製鉄所(現・日本製鉄)との取引を皮切りに、多様な機器・部品を扱う商社機能を磨いていきました。その後、自社内にメーカー機能を立ち上げ、自社ブランド「ROCKY(ロッキー)」を確立。現在では、自社技術を研鑽するための研究開発機能も持ち合わせることで、「販売・技術・製造・サービス」を高度に融合させ、幅広い業界の課題解決に努めています。

2021年度から始動した中期経営計画「GP2023」は、コロナ禍で厳しい状況でのスタートでしたが、前年同期比で回復基調となりました。最終年度の2023年度には数値目標として、連結売上高500億円、営業利益34億円(営業利益率6.8%)、経常利益35億円、ROE10%以上、オリジナル品比率40%以上の達成を目指します。

GP2023達成のため、既存のビジネス領域を拡大していきます。お客様のモノづくりプロセスには、企画・開発・⽣産技術・現場/設備・保全・再⽣/廃棄という流れがあります。当社の現状の主戦場は、現場/設備と保全の分野です。今後は、主戦場を上流・下流それぞれに広げていきます(GP2023では、上流である開発、⽣産技術を中⼼に領域を拡⼤)。

また、パートナーと“協創”することでソリューションの幅を広げることも重要視しています。2021年10月には、製造現場で簡単に導入できるIoTプラットフォーム(RIXIoT)を、パートナー企業との“協創”を経てリリースしました。当社は創業以来、生産現場に入り込み、膝を突き合わせる「顧客密着型」の営業スタイルを強みにしております。100年を超える歴史で築いてきた強みは大切にしつつ、今後は、ニーズの掘り起こし方、提案方法、ソリューション内容など、多方面でのデジタル化も必要になります。「アナログとデジタルの融合」を加速させることで、今まで以上にお客様から頼られる存在であり続けたい
と考えています。

東京証券取引所の市場再編にあたり、当社はプライム市場への挑戦を選択しました。現状はプライム市場上場維持基準に未達項目がありますが、中期経営計画(GP2023)の推進、コーポレートガバナンスの充実、積極的なIR活動、株主還元の更なる拡充などを通し、基準達成に尽力してまいります。

当社は、1907年の創業以来、110年以上の長きにわたって事業活動を行っており、創業150年、200年へ向け、企業グループとして持続的に成長していくことを目指しています。国際社会が取り組んでいるSDGsにも賛同し、水資源・水処理・脱炭素・再生可能エネルギー・災害対策商品の開発など幅広い事業活動を通じて、SDGsが目指す持続可能な社会/世界の実現に向けて貢献致します。今後ともなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

※協創…社内はもちろん、顧客、仕⼊先、⼤学、ベンチャー、国の機関などと“協”⼒してソリューションを“創”り上げること