INTERVIEWS

社員インタビュー

東部営業部 東京営業所 奥田 裕子

女性営業職も活躍中!
リックスで共に
仕事をしてみませんか?

女性が活躍できる新しい風土ができていくことが面白そうだった

インタビュアー:リックス入社を決めた理由を教えて下さい。

就職活動では、仕事に力を入れたいと思っていたので女性総合職が活躍できそうな企業にエントリーしていました。
私が入社した当時は、リックスには女性総合職が人事に1名だけという状況で、男性が多い営業の部署で女性が活躍するイメージがなかった状況でした。

当時、他に内定をいただいた企業では既に女性もたくさんいて活躍できる風土があり、制度も整っていて働きやすいのかなと思い迷いました。
そんなときに、リックスの人事の方が「これから女性が活躍する企業風土を創っていこう!」と言ってくださったので、新しい取り組みへの期待と自分が頑張ることで、新しい企業風土ができていくことが面白そうだと思い、入社を決めました。

クライアント様の利益につながる提案なら何だって用意する

インタビュアー:どんなお仕事をされていますか?

東京営業所に所属し、水処理メーカー、化学エンジニアリングメーカー(プラント)、そして食品系のお客様を担当しています。
営業スタイルは既存のお客様と継続して取引が続くことが多く、ルートセールスが基本です。食品系のお客様は展示会やWebからの問い合わせがきっかけで担当し、私の時から新規取引がスタートしました。

取り扱う商材は、リックスの自社製品よりも他メーカーさんから仕入れる商品が多く、そのうち3割くらいが海外メーカーの商品です。
具体的にはRO膜やRO膜を入れる圧力容器、ブロワーや真空ポンプです。

リックスの営業は、売ることができる商品はたくさんありますが、これを売ってきなさい、という決まった商品はないんです。
クライアント様の利益につながる提案であれば、今まで取り扱いがない商品でもメーカーさんと商談し、リックスで新しく取り扱えるようにします。

一人当たりができる仕事の幅が広いことが魅力

インタビュアー:リックスで働く魅力を教えてください。

先ほど、提案できる商品に自由度があると話しましたが、自分の判断で決めることができる裁量が多いと思います。

例えば他の企業さんだと、営業は部署によって取扱い商品が決まっていますが、リックスはクライアント様のためになることは市場調査、提案、商品の選定までを通して行います。
一人当たりができる仕事の幅が広いことが魅力だと思います。

社内の理解のおかげでプレッシャーに縛られずに気持ちよく働ける

インタビュアー:奥田さんはご出産を経験されて育児休業があり復職されたとお聞きしました。

はい。
私は2015年11月に出産しましたので、2015年11月から2016年10月末まで産休を取得させていただき、2016年11月から復職しました。

インタビュアー:復職するにあたり、不安はなかったですか?

いえ、不安はなかったです。
実は、産休の取得が予定よりも早まってしまい、当時は十分な引継ぎが出来ずに産休に入ってしまったんです。

しかし、当時の上司がコミュニケーションを密にとってくれて大事になりませんでした。
また出産後も何度か会社と面談の機会を設けてくれましたので復職のタイミングと勤務のイメージができたことはよかったですね。

また、営業でしたので目標の売上予算を与えられていますが、復帰後はまず育児と仕事を両立できる環境に慣らすことができるように予算の面でも考慮いただいており、プレッシャーに縛られずに気持ちよく働いています。

インタビュアー:勤務体系はどうされていますか?

私は時短勤務ではなく定時勤務をしています。
子供の保育園は認証保育園に預けていて定時17:30で仕事を切り上げ迎えに行っています。
しっかりと仕事を切り上げられるように忙しい時には出社を少し早めて朝の時間を活用したりして工夫しています。

また、私は営業なので決まった作業をいつまでにどのくらいということはないので、お客様とのアポイントを調整して対応しています。
今は社内にいなくてもメールで仕事の報告や状況共有ができるので助かります。

インタビュアー:育児と仕事は両立できていますか?

はい!
本当にありがたいことですが、社内の理解とお客様の理解のおかげでうまく出来ていると思います。

8年目でしたが本気で叱ってくださった上司に感謝

インタビュアー:これまでの仕事で印象に残っているエピソードを教えてください。

はい、結構最近のことなのですが・・・上司に本気で叱っていただきまして。。。
このままではいけない、私は変わるぞと思いました。

当時、お客様とのトラブルが数社続いてしまって仕事も嫌になりかけていたんです。
自分ではトラブルの原因は主に私が依頼したパートナーさんだったり、お客様の社内確認が遅れたからというように「他責」にしてしまっていたんです。

でも、上司は一連のトラブルを近くで見ていらっしゃって、ある時会議室に呼ばれたんです。

「私がトラブルの原因を他責にしている限りまた必ずトラブルは発生するぞって。」
「あなたがフォローしたり、もっと気を付けていれば防げたことがあると思えるなら、そのトラブルの原因は自分のせいだと思いなさいと。」

これが目から鱗でして。これまで私は目標達成も順調でかつ女性ということもあってか、そこまで本気で叱られたことがなかったのですが、入社してもうかなり年数経過していて恥ずかしい話ですが親身に叱ってくれたんです。

叱っていただいている最中に上司は感情的になるのではなく、私のことを思って叱ってくれているのだと感じることができて、号泣しながら叱られました(笑)
本当にありがたかったです。

好きなことを見つけることに「完全燃焼」して欲しい!

インタビュアー:学生のみなさんへメッセージをお願いします。

様々な経験をしてほしいなと思います。
学生の頃に興味のあることは躊躇せずなんにでもトライして、自分の好きなことを見つけてほしいと思います。

私は好きなことを仕事にするのが一番良いと思っているので、将来の仕事にもつながる自分探しを学生のうちに大いにしていただきたいなと思います。
人付き合いもやったことないこともいろいろ経験してみて器を広げようという感じです。

端的に言うと、やりたい!と思えば、すぐにでも行動できる学生の時間を大事にして「完全燃焼」してくださいね!ということです。

インタビュアー:女子学生の方々へのメッセージもお願いします。

女性としての権利を主張ばかりするのではなく、まず目の前の仕事を頑張る方と一緒に働きたいです。
リックスは頑張っていれば会社が味方してくれます。
出産・育児の不安があっても会社と話し合いながら良い環境を作っていけるはずです。
私はチャンスがあれば昇進して仕事をもっとやりたいと思いますし、その時にはまた会社と話し合いながら良い環境を作っていきたいと思います。

INTERVIEWS

その他の社員インタビュー

  • 自動車事業部 自動車営業部 来田 達郎

  • 山田 隆喜

    事業開発本部 輸入事業推進部 アクア膜グループ 山田 隆喜

  • 海外営業部 営業グループ 井田 健作

  • 瑞顧克斯工業(大連)有限公司 総経理 和田 浩之

  • 劉 岸新

    海外営業部 輸入グループ 劉 岸新

PAGE TOP