INTERVIEWS

社員インタビュー

自動車事業部 西尾営業所 来田 達郎

自分の思いをぶつけてみよう。
会社との「対話」を
たくさんして欲しい。

「君の力が必要だ」と言われたことが決め手でした

インタビュアー:リックス入社を決めた理由を教えて下さい。

私は大学生の頃からものづくりの世界に興味があり、日本のものづくりに携わる仕事がしたい、という思いが強くありました。
また、私は自動車が好きだったので、どうせやるなら自分が興味あることを仕事にしたい、と思い、自動車メーカーやその関連企業を中心に就職活動を続けていました。
その中で出会った会社がリックスです。

「ものづくりの現場に一番近いところで仕事をしている」という会社説明会での言葉に自分の心が踊ったことを今でも覚えていますね。
その会社説明会で、何もわからない学生の自分に対して、社員の方がとても親身になって話してくれたことも印象的でした。
こちらが自分なりに考えた質問をすると、色んな角度から細かく説明してくれて、「あ、真剣に話してくれているな」というのをすごく感じました。
仕事の内容だけでなく、人と人との繋がりを大切にしている会社なのだと強く心に残り、選考を受けることにしました。

最終的に入社を決めた理由は、役員面接の時に、私がやりたいと思っていることについて熱心に話を聞いてくださり、「君の力が必要だからぜひリックスに来てくれ」と言っていただけたことです。

お客様の課題を聞き、満足の上をいく改善策を提案する仕事

インタビュアー:どんなお仕事をされていますか?

私は自動車事業部の西尾営業所に所属しています。
お客様は大手の自動車部品メーカーさんで、毎日のように自動車部品を製造している現場に足を運んでいます。
私の仕事は主に、毎日現場にお邪魔させてもらって、実際に稼働している機械を見ながら、部品を生産するための設備や機械、機器といったものを販売、提案する営業活動が中心です。
単なる営業活動だけでなく、お客様が生産過程において困っていることや、課題を聞き出して、改善策を提案する仕事もしています。
時には社内の人や、仕入れ先様に相談しながら対策を考えて、それをまた提案していくという形で日々奮闘しています。

自由に発言し、自由に提案し、自由に仕事ができる環境

インタビュアー:リックスで働く魅力を教えてください。

リックスという会社の魅力は、何といっても仕事の自由度が高いところです。
若手の頃から色々な仕事を任せてもらえますし、自分で思ったこと、考えたことを実際に行動に移して仕事することができます。
もちろん自分一人でこなしなさいよ、と丸投げされるわけではなく、先輩、上司、他の部署の方に色々なことを教えてもらいながら仕事に取り組めます。
その中で、自分が思ったことを自由に発言できますし、お客様にも提案できます。
そういう意味では非常に自由に仕事ができると思います。
他にも仕入れ先様やお客様、色々な人に色々なことを教えてもらいながら、仕事を覚えていけるところがリックスの一番の魅力ではないでしょうか。

お客様と一緒になって一つのものを作り上げたときの感動

インタビュアー:心に残ったエピソードを教えてください。

成功して心に残ったエピソードと、失敗して心に残ったエピソード、それぞれあります。
成功体験としては、あるお客様と一緒になって一つのものを作り上げたことが今でも強く心に残っていますね。
私は昔、あるバイクメーカーさんのところに営業に行っていたのですが、そこでずっと商品のPRをしていまして。
それは金属と金属をつなぐ接合方法だったんですけれど、お客様と長らく商談を重ねて、1年、2年かけて色々なテストをして、何度も打ち合わせをして、やっと採用していただけることになったんです。
その設備が納入されて生産がはじまって、そのバイクが走っている姿を初めて見たときはお客様と一緒になって喜んだことを覚えています。
「あのバイクには自分が売った商品で繋がっている部品が使われているんだ」と思うと、高揚感で胸がいっぱいになりました。
今でも忘れられない成功体験ですね。

失敗したエピソードは数えきれないほどあります。
その中でも、入社して間もない頃に初めてお客様に怒られたことは、今でも鮮明に覚えています。
その時、当社が販売した機器の修理を依頼され、その修理品を誰かが取りに行くことになったんです。
先輩も忙しそうなので、じゃあ自分が代わりに取りに行ってきます、ということで取りに行ったんですね。
その修理品は生産現場で使われているものなので、油でとても汚れていたんですけれど、私はそのべたべたの修理品を持って、油をまき散らしながら工場内を歩いていたんです。
自分が歩いたあとには油が点々と垂れていていたんですけれど、それにも気づかずに。
その後、別の知らないお客様から「これは誰がやったんだ!」と怒られまして。そこでやっと油を垂らしていることに気がついて、「申し訳ございません。私です!すぐに全部拭いてまいりますので!」と、ひたすら謝りましたね。
先輩にも電話して、手伝いに来てもらって。先輩のお手伝いをしようと思ったつもりが、逆に迷惑をかけてしまう結果になりました。

会社に入って初めてお客様に怒られたのがこのときでしたね。
もちろんショックでしたけれど、すぐに謝って、すぐに拭いて、きちんと対応したので「ちゃんとやってくれたね」という感じで逆に好印象を持っていただきました。
ピンチはチャンスといいますか、迅速な謝罪とその後の挽回次第では、お客様により好印象を持っていただける、ということをこの件で学びました。

何事にも「チャレンジ精神」を持つこと

インタビュアー:仕事をする上で大切なことを教えてください。

私が仕事をする上で大切だと思っていることは、何事にも「チャレンジ精神」を持つことです。
私は入社してからずっと、引っ込み思案で積極性が足りない、と先輩や上司から言われ続けてきて、恥ずかしがらずに、自分の言葉で堂々と話すと相手にはきちんと伝わるから、と
繰り返し教わりました。
恥ずかしがらずに堂々と話すということは、当時引っ込み思案だった自分にとっては、途方もないチャレンジに思えました。
ですが頭の中で考えていても何も始まらないので、まずは自分の言葉で話を伝えてみることから始めました。

営業という仕事は、商品や自社のことを知ってもらって、PRして、商品を買ってもらうことが仕事なので、相手との対話が大事になってくるんです。
あのとき一歩踏み出して、自分の殻を破って、相手と対話しようと「チャレンジ」したことは、今でも自分の中で大きな糧になっています。

社内でフットサルをしたり、スキーに出かけたりしています

インタビュアー:休日はどのように過ごされていますか?

独身のときは、とにかく休日が暇でしかたなくて。
と言いますのも、私は大阪で生まれ育ち、就職で初めて愛知県に来たもので、知り合いも会社の人しかいない状態だったんです。
ですが幸いにも愛知県にはたくさんリックスの営業所があり、年の近い先輩方もたくさんいたので、みんなで集まってフットサルやサッカーに参加させてもらうようになりました。
冬には色々な営業所で集まって、スキー、スノーボードなどに行くこともありますね。
このように、会社の中で集まって色々なところに出かけるということが多いんですが、もちろん参加は自由なので、行きたいときだけ行けばいい、という感じですね。
ただ、独身で一人暮らしだと暇が多いので、とても助かりましたね。

結婚して子どもが生まれてからは、土日はずっと子どもと遊んだり、家族と出かけたりという機会が増えました。

自分の思いをぶつけてみよう
会社との「対話」をたくさんして欲しい

インタビュアー:学生へのアドバイスをお願いします。

自分の就職活動の時もそうだったのですが、学生は最初、その会社についてのデータ上の情報しかなくて、どんな会社か全くわからない状態からスタートすると思います。
ですので、ぜひともその会社で働いている人にたくさん会って、たくさん話をしてもらいたいと思います。
と言うのも、実際に入社したら一緒に働く人たちになるわけですから、どんな仕事をしているのか、どのような人がどういう風に働いているのか、という部分を知ることが重要になってくると思います。
ですので、自分の思っていることをぶつけてみたり、企業の言うことを真摯に受け止めてみたり、自分なりに吟味してみたりと、ぜひ議論してもらえればいいなと思います。

会社側からしても、学生さんがどういう人間かというのは、エントリーシートだけでは、わからない部分が多いと思います。
会社側も学生さん一人、一人とたくさんお話したいと思っていますので、何でもざっくばらんに聞いてもらいたいですね。
私もそういう場があればなんでも話しますので、ぜひぜひ対話をたくさんしてほしいな、と思います。

INTERVIEWS

その他の社員インタビュー

  • 山田 隆喜

    事業開発本部 輸入事業推進部 アクア膜グループ 山田 隆喜

  • 海外営業部 輸入グループ 井田 健作

  • 瑞顧克斯工業(大連)有限公司 総経理 和田 浩之

PAGE TOP