このページの先頭です

WAVLES3(ウェブレス3)

WAVLES3(ウェブレス3)
お客様の事業別
  • 鉄鋼
  • 自動車
  • 工作機械
  • 半導体
  • ゴムタイヤ
  • 造船
  • 高機能材
  • 紙・パルプ
  • 食品
  • 医薬

お問い合わせはこちら

カタログをダウンロード

WAVLES3(ウェブレス3)のポイント

WAVLES3(ウェブレス3)について

  • 金属の細片を直接通電加熱・加圧して、焼結したスポンジ状(多孔質)の金属。
  • 外表面ー内部ー外表面が疎密疎の三層一体構造となった金属材料です。
  • コンパネと比較すると、低周波で遮断遮音性能が高い。
  • 低音域から高音域までほぼ均等な吸音特性(平均吸音率0.4)があります。
  • 熱伝導率は素材である鋳鉄の200分の1。

WAVLES3は金属チップに電気を直接通電し、加圧することによって成形した多孔質質金属素材です。

断面は、密度的には「疎」「密」「疎」の三層一体構造になっており、この構造により、振動吸収性をはじめ、吸音、遮音、防音等の多くの特性をもっています。

表面をレジン(樹脂)でコーティングすることで、耐候性や強度特性、振動吸収性を高めることができます。

また、WAVLES3は防振材として用いられ、特に「しっかり締め付けて固定することができる」ことが特徴です。(右図左)

WAVLES3(ウェブレス3)振動減衰率とヤング率の関係

WAVLES3(ウェブレス3)の特徴

  • 「疎」「密」「疎」の多孔質構造により振動を吸収
  • 吸音・遮音・防音性能を併せ持ち、外力の除去と同時に縮小・消失
  • 耐候性、強度特性、振動吸収性を高めたレジンコートWAVLES3も製作可能
  • 一般的な機械加工が可能

WAVLES3(ウェブレス3)の機械的性質

WAVLES3(ウェブレス3)と防振ゴムの比較

WAVLES3と防振ゴムにそれぞれ荷重を加えた状態で振動吸収性を比較すると、防振ゴムは荷重を加えることにより、ゴムの動きが抑制されるため、振動吸収性は低下していきます。
一方、WAVLES3は形状の動きで振動を吸収するのではなく共振現象を利用して振動吸収を行う為、形状が変化しなくても振動吸収ができます。

お問い合わせはこちら

お探しの商品は見つかりましたか?

見つからない場合は以下のカテゴリーからお探しください。

  • 製品カテゴリーから探す
  • お客様の事業から探す