このページの先頭です

有機化合物を用いた樹脂モールド後のバリ浮かし洗浄剤

有機化合物を用いた樹脂モールド後のバリ浮かし洗浄剤

型式:EPS-3707

お客様の事業別
  • 鉄鋼
  • 自動車
  • 工作機械
  • 半導体
  • ゴムタイヤ
  • 環境
  • 造船
  • 高機能材
  • 紙・パルプ
  • 食品
  • 医薬

お問い合わせはこちら

カタログをダウンロード

商品概要

特徴

  1. EPS-3707の主成分は液体なので、薬剤の凝固による装置への悪影響は殆どありません。
  2. 常温使用でも剥離能力は低下しないので、加熱の必要がなく消費電力の低減に貢献します。
  3. EPS-3707は樹脂バリを剥離して水素で浮かせるため、樹脂は電解液に溶けることなく、簡易な循環フィルターにて樹脂を全て回収することが可能であり、液の変色も殆どありません。
  4. EPS-3707の主成分の揮発はなく、純水補給のみで濃度管理も簡単です。(持出しは補充)
  5. 純水で希釈する限り、銀メッキフレームの表面に影響する生成物の発生は殆どありません。
  6. 電極材質にSUSの不動体金属を使用できるため、金属イオンの溶出は殆どありません。
  7. 有機物のため廃液は焼却処理ができ、廃液量の低減にも対応が可能です。(SDS参照)
  8. 高熱伝導樹脂パッケージの放熱パッドのバリ浮かしにも最適に作用します。

仕様

pH>13
供給形体液体(冷暗所での長期保管でも腐敗、凝固、沈降物なし)
色・臭気無色透明・建浴後無臭(原液は若干のアミン臭あり)
建浴濃度15±5w%/L
濃度管理屈折計
液 温常温~50℃(常温で使用可能)
電解方式陰極(-)電解:陰極側にリードフレームを接触させ通電
※電極材質不動体電極材質:陽極(+)SUS304  陰極(-)SUS304
電解槽材質PVC 液温50℃以下
接液部材質PVC、SUS材を使用して下さい。銅、アルミとその合金材は使用不可。
別売オプション
ぬれ性向上剤
「EPSバブルスルーA」 1Lポリ容器入(低発泡性ノニオン界面活性剤)
添加量目安:0.01%(建浴液1L当0.1cc)~0.05%(建浴量1L当0.5cc)

※汎用電源に特殊な電気回路を設ける事により、両電極の電極材質に不動体のSUS材を使用でき、銀メッキフレーム表面の変色等の品質低下を解消します。(特許出願中)

電流特性

一般的な電解バリ浮かし用建浴薬剤とEPS3707の比較について

仕様比較

電解作用比較

EPS-3707にて電解処理後の銀メッキ表面のEDX(EDS)データ

アルカリ金属系電解液とEPS3707の電気分解処理方式の違い

従来の電解液での電気分解処理

・従来のNaOHなどのアルカリ金属系を主剤とした電解液では、樹脂表面に直接作用し、気密性の低下に繋がっていました。

1.ナトリウムなどの強アルカリ金属はどこからでも工事を行いダメージを与えてしまいます。

2.水素ガスが発生することによりバリが浮上しますが、工事跡は傷ついたままです。

3.気密性チェックを行うと、傷ついた部分から漏洩が発生します。

EPS3707での電気分解処理

・新開発の薬液ではバリの末端から工事を行うので、ダメージを与えることなくバリ除去が可能です。

1.バリの端から剥ぎ取っていく工事を行い決められた時間の位置で作業を終了します。

2.水素ガスが発生してバリが浮上しますが傷跡は残りません。

3.気密性チェックを行っても、工事の跡が平なため漏洩を防止することが可能です。

EPS3707での2次効果(強力な酸化・還元、腐食抑制作用)

・新開発の液では、リードフレーム表面を酸素フリーにする作用がありますので、本来の光沢を保つことができます。

・また有機アミンによりインヒビター膜が生成されますので、防食効果についても作用します。

販売単位

20L入りポリ缶、販売単位:1缶

お問い合わせはこちら

お探しの商品は見つかりましたか?

見つからない場合は以下のカテゴリーからお探しください。

  • 製品カテゴリーから探す
  • お客様の事業から探す