このページの先頭です

スラッジ固着低減タイプ オートフラッシュ(Auto Flush)

スラッジ固着低減タイプ オートフラッシュ(Auto Flush)
お客様の事業別
  • 鉄鋼
  • 自動車
  • 工作機械
  • 半導体
  • ゴムタイヤ
  • 環境
  • 造船
  • 高機能材
  • 紙・パルプ
  • 食品
  • 医薬

お問い合わせはこちら

カタログをダウンロード

工作機械用回転継手(ロータリージョイント)で最も重視している信頼性技術の一つとして、継手(ジョイント)内のスラッジ固着を低減し、回転継手(ロータリージョイント)の寿命を延ばすオートフラッシュ(Auto Flush)を紹介します。

オートフラッシュの紹介動画

サムネイル

一般的な回転継手(ロータリージョイント)について

摺動部のスラッジの固着について

一般的な回転継手(ロータリージョイント)は、クーラントが循環使用されているため、微小なスラッジなどの異物を含んだものが多く、連続してクーラントを供給する過程で、ロータリージョイントの摺動部にスラッジが堆積固着し、漏れトラブルの原因に繋がります。

トラブル要因について

回転継手(ロータリージョイント)の漏れトラブルの内、固着トラブルは実に6割を占めています。

オートフラッシュ付の回転継手(ロータリージョイント)について

スラッジの固着の抑制について

固着トラブルは回転継手(ロータリージョイント)の摺動部にスラッジ堆積固着によって発生致します。

これに対し、リックスのオートフラッシュ(Auto Flush)は至って簡単な方法でスラッジ堆積固着を解決します。

メイン流路と摺動隙間部を連通する穴を設けて、メイン流路を通過する流体の流速によって生じるエジェクタ効果によって、摺動隙間からメイン流路への流動を誘起することができ、摺動隙間にスラッジが侵入しても堆積することがありません。

一般的な回転継手(ロータリージョイント)とリックスの回転継手(ロータリージョイント)の違い

一般的な回転継手(ロータリージョイント)はスラッジが堆積固着しますが、オートフラッシュ(Auto Flush)を機能を持ったリックスの回転継手(ロータリージョイント)はスラッジの堆積を抑制し、回転継手(ロータリージョイント)の寿命を延ばします。

リックスはこの技術は特許を取得しております。(特許第5063804)

お問い合わせはこちら

お探しの商品は見つかりましたか?

見つからない場合は以下のカテゴリーからお探しください。

  • 製品カテゴリーから探す
  • お客様の事業から探す