このページの先頭です

ロータリージョイント(回転継手)

ロータリージョイント<BR>(回転継手)

リックスはロータリージョイント(回転継手)の総合メーカーとして、お客様の様々なニーズにお応えします。

ロータリージョイントとは

固定部と回転部を接続して、さまざまな流体を外部に漏らすことなく送る為の継手です。

例えば・・・
①ポンプからある機器へ水を送る場合、ホースで
    両者を繋ぎ、水を送ります。(①参照)

 

②しかし、回転している機器へ水を送る場合には
    両者をホースで繋ぐとホースがねじれ、
    最後には切れてしまいます。  (②参照)

 

③そこで、固定部と回転部を繋ぐ“継手”が必要に
    なります。しかも、中に水が通っていますので、
    その水が漏れない様にする事が必要です。
    この様な時にロータリージョイントを使います。
                                                           (③参照)

汎用ロータリージョイントの使用方法

【単式】

リックスのロータリージョイントの単式は
比較的小径のロールに使用されます。
ロールの片方から流体を送入し、他方へ排出します。

【複式(内管回転式)】

リックスのロータリージョイントの複式(内管回転式)は
ロール胴長が長い場合や、ドリルドロールの場合等、
内管を同時に回転させる必要がある場合に使用されます。

【複式(内管固定式)】

リックスのロータリージョイントの複式(内管固定式)は
ロールの片方のみで流体の給排出をおこないます。
内管はジョイント内部に固定されます。

産業・業界別導入一覧

リックスのロータリージョイントは様々な産業・業界で導入されています。

製品一覧