このページの先頭です

センサー式ソーラーLED照明

センサー式ソーラーLED照明

型式:JL-500(DB)

お客様の事業別
  • 鉄鋼
  • 自動車
  • 工作機械
  • 半導体
  • ゴムタイヤ
  • 環境
  • 造船
  • 紙・パルプ
  • 食品

お問い合わせはこちら

カタログをダウンロード

JL-500(DB)

特 徴

センサー式ソーラーLED照明JL-500は下記の特徴があります。

  • ソーラー式
  • 人感センサー式
  • 配線工事無し
  • 設置するだけで使用可能

仕 様

センサー式ソーラーLED照明JL-500は下記の仕様です。

  • 器具光束 約500lm
  • バッテリー期待寿命 15年間
  • 使用温度範囲 -20~+45℃
  • 防噴流形 IPX5(野外)
  • 耐風速 60m/s
  • 耐塩仕様(重塩害地不可)
  • 長期保障 3年
  • ライト部の角度調整可能
  • センサ調光パターン選択可能

設置環境や使用目的に合わせて選べる多彩な点灯動作

LEDライト動作 待機時明るさ 検知時明るさ

無日照時点灯可能期間()内は設定条件

①通常消灯 0% 100%

約11日間(100回/日のセンサ検知,10秒点灯/回)

②夜間ほんのり点灯 5% 100%

約3日間(50回/日のセンサ検知,10秒点灯/回)

③通常消灯 0% 60%

約6日間(300回/日のセンサ検知,10秒点灯/回)

④夜間ほんのり点灯 5% 60%

約3日間(50回/日のセンサ検知,10秒点灯/回)

⑤夜間点滅点灯 20%点滅 100%

約3日間(100回/日のセンサ検知,10秒点灯/回)

⑥バッテリーチャージモード 0% 0%                                                       

※チタン酸リチウムイオン充電池が満充電された状態から、一切充電が行われない場合(真冬日、ソーラーパネルへの積雪や連続雨天などの場合)の使用可能日数のことです。

点灯動作イメージ

※LEDライト動作「②夜間ほんのり点灯(待機時5%→検知時100%)」、表示灯動作「②常時点滅(5秒OFF 1秒ON)」設定時

夜になると同時に緑色の誘導表示灯の点滅が開始します。

センサの検知エリア内に避難する人が通ると白色LEDが点灯し足元を明るく照らします。緑色の誘導表示は点灯状態になります。

人がいなくなると再び緑色の誘導表示灯は点滅に戻ります。

周囲が明るくなると緑色の誘導表示灯が消灯します。

緑のあかりで誘導

普段から点滅する緑色のあかりは、そこが避難路であることを示します。万一の際には、いつもの緑色のあかりを辿れば避難所にたどり着けるという安心感につながります。

通路に合わせたセンサ検知エリア

人感センサの検知エリアは、通路のラインに合わせて、最長20m×5mの範囲で人や車両を検知できます。また、センサの取付高さは最大3.5mまで設置可能です。

省施工で狭い道にも設置可能

本体質量は、約2.5㎏と小型軽量なので、道幅が狭く、基礎スペースを確保できない避難路にも取り付けができます。省施工により工期の短縮と施工費の削減ができます。

推奨設置場所

通路に合わせてあかりを調整

まっすぐな通路だけでなく、見通しが悪い曲がり角でも、通路の形状に合わせて灯体部を調整することができるので、照らしたい場所をしっかり照らすことができ、安全を確保できます。

分離設置と角度可変でしっかり充電

日照条件に合わせて、ソーラーパネル部分は最大50mまで分離設置が可能です。さらに、左右・背面方向への角度調整も可能な為、分離取付が困難な状態でも、ソーラーパネルを南向きに設置することが可能です。

各部名称

オプション品

お問い合わせはこちら

お探しの商品は見つかりましたか?

見つからない場合は以下のカテゴリーからお探しください。

  • 製品カテゴリーから探す
  • お客様の事業から探す