このページの先頭です

ベアリング再生

ベアリング再生

研磨・研削加工によりベアリングの再生・修理・新作をおこなっており、ベアリング再生・修理コストは新作コストの約60%、事前に事故を防止するメンテナンスも実施しています。

ベアリング再生・修理動画

サムネイル

ベアリング再生の工法についてのご紹介

【研磨・研削再生】

研磨再生・・・・内輪・外輪研磨、ころバレル研磨
        同一メーカー・型式であれば、各々良品の部品を組み合わせることによる再生も可能。
        自動調心ころ軸受であれば再生率70%以上の実績です。

研削再生・・・・外輪・内輪・ころ研削
        外輪・内輪の各軌道面、ころを研削加工し再生します。

【部品新作再生】

外輪・内輪・ころが、摩耗やフレーキングなどにより不良部品となる場合、通常は再生ができません。
その場合、良い部品は研磨・研削し、不良部品を新作することで再生を行います。
どの部品についても制作は可能です。また研削により内部スキマが広がり、再生不可の場合も部品新作し
再生を行います。
コストメリットを考慮し、最も安価となる部品を選定し、制作します。

製品一覧