このページの先頭です

クーラント関連機器:オイルスキマー

オイルスキマー

型式:SLS型、MOS型

お客様の事業別
  • 鉄鋼
  • 自動車
  • 工作機械
  • 半導体
  • ゴムタイヤ
  • 造船
  • 高機能材
  • 紙・パルプ
  • 食品
  • 医薬

お問い合わせはこちら

製品紹介

リックスオイルスキマーの特徴

  • ランニングコスト削減!比重差分離タンクが不要。タンクのわずらわしい清掃から解放されます。
    ベルトの交換、スキージの調整も必要ありません。
  • 省スペース!一般的なベルトスキマーの60%程度。
  • 省エネ!標準モーターは6W。消費電力が非常に小さいです。

製品概要

本浮上油回収機(オイルスキマー)は、工作機械(切削加工機 マシニングセンタ,旋盤など)の水溶性クーラント(水溶性切削油)に混入する油(潤滑油,作動油)を回収する機器です。
水溶性クーラント(水溶性切削油)に混入した油(潤滑油,作動油)は、腐敗の原因になります。回収することで、水溶性クーラント(水溶性切削油)の腐敗防止,寿命延長,刃物の寿命延長などが期待出来ます。

サムネイル

価格について

価格は、お近くの弊社営業所、または代理店様にお問い合わせ下さい。

評価用レンタル機について

評価用レンタル機をご用意しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

回収能力が高いスクリュー式浮上油回収機(SLS型)

高い浮上油回収能力

連続稼働で最大850ml/hrの回収量。※1

豊富なラインナップ

海外電圧にも対応可能なラインナップとなっております。

多数の納入実績

2004年の販売開始から、国内外の自動車メーカー様、工作機械メーカー様、二輪メーカー様、その他、加工ラインで多数ご採用頂いております。

※1 本サイト記載の油回収量や含水率は、特定条件による効果であり、環境(条件)によって変動します。

悪環境に適したスパイラル式浮上油回収機(MOS型)

耐環境性能UP

スラッジ、切粉が多い環境に適したタイプ。

回収能力

連続稼動で最大100ml/hrの回収量。※1
※一般的な加工機の給油量は数L/week程度

※1 本サイト記載の油回収量や含水率は、特定条件による効果であり、環境(条件)によって変動します。

リックス浮上油回収機(オイルスキマー)の4つの特徴

1.メンテナンス工数削減

比重差分離タンクの清掃が必要ありません。ベルトの交換、スキージの調整が必要ありません。

オイルスキマーの原理について

パイプの中で特殊な構造をしたスクリューを回転させることで、油を回収します。

従来のベルト式,ディスク式は、比重差分離タンクを必要とするものが多いですが、本製品は、特許構造により、比重差分離タンクなしでも効率的に油を回収します。

2.廃液低減

クーラントの持ち出しが少ないので廃液低減(廃液コスト削減)ができます。

3.省スペース化

一般的なベルト式やディスク式等と比べて設置スペースを約4割削減可能。

4.ランニングコスト削減

一般的なベルト式と比べてメンテナンス工数削減、消費電力削減可能。

動画

サムネイル

新製品情報

エマルジョン状態の水と油を完全に分離!

産業排水の削減、環境負荷に貢献!

『Y-Splitter』は、水と油が混ざり合っているエマルジョン状態
から、油分を一度水面上に浮上させ、回収する油水分離装置です。

詳細については、以下のイプロス製造業のバナーで確認をお願いいたします。

お問い合わせはこちら

お探しの商品は見つかりましたか?

見つからない場合は以下のカテゴリーからお探しください。

  • 製品カテゴリーから探す
  • お客様の事業から探す